GTC Japan 2017 に出展します

banar_GTC jp2017_01

GDEPはプラチナスポンサーとして出展します。

今年のGTC Japan 2017は、2日間での開催となります。初日はハンズオントレーニングや最新のVoltaアーキテクチャに関するディープダイブセッション、2日目はエヌビディア創業者兼CEOのジェンスン ファンによる基調講演に始まり、多数のセッションが用意されており、過去最高の充実した内容となっています。

ディープラーニングフレームワーク トラック (1日目)
AWS、Facebook、Google、Preferred Networks、ソニーの各社から、
ディープラーニングフレームワークの開発者が直接最新情報を解説。
エヌビディアからはVoltaアーキテクチャのTensorコアをディープ
ラーニングで活用する方法を解説。

Deep Learning Institute ハンズオン (1日目)
過去最大、3トラック並行で合計9種類のハンズオンラボを開催。
・エヌビディアのエンジニアによる「医用画像セグメンテーション」、
「GANによる画像編集」、「RNNによる時系列データモデリング」
・Preferred Networksの藤田様による「ChainerRLによる深層強化学習」
・AWSの松尾様による「NVIDIA Dockerを使ったディープラーニングのワークフロー」
・ティアフォーの藤居様による「Autoware on DRIVE PX2による自動運転」

Ask the Expert コーナー (2日目)
ハンズオン受講者の特典。エヌビディアのエンジニアに、ディープラーニングや
GPUコンピューティングに関して1:1で直接質問することができます。(時間枠予約制)

ディープラーニング ビジネス/テクニカル トラック (2日目)
ビジネストラックでは、東京大学特任准教授・日本ディープラーニング協会理事長の松尾豊氏
によるセッションの他、ディープラーニングのビジネス応用事例を多数紹介。
テクニカルトラックではAWS、富士通、NEC、産総研、東京大学、早稲田大学等から最新の
ディープラーニング技術情報が発表されます。

ポスターセッション
画像認識を活用したドローンの安全な経路制御、VR/MR/ARの医療への応用、画像認識における
低精度演算の検証、GPUによるデータベースの高速化等、様々なテーマに関する30枚以上の
ポスターが採択されています。

全セッションの一覧はこちらにあります。是非ご覧ください。
https://www.gputechconf.jp/sessions.html

GTC Japan 2017 は、GPU テクノロジーに興味を持つ企業、大学等からの参加者と知己を得、
議論する最高の場所です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。