PRODUCTS クラウド関連製品

LOGIN PI

世界初! 仮想デスクトップユーザの体感をベースにする性能監視ツール

VDI のユーザエクスペリエンス(体感速度)低下は、生産性の低下をもたらします。
 ●ユーザエクスペリエンスの測定方法は
 ●適切に予測してアラートを出せるか
 ●SLA(Service Level Agreement)を締結する場合の基準作りは

VDI の場合、エンドユーザから直接クレームされる

そのためユーザエクスペリエンスの正しい計測と予測が重要

どうやって、監視してVDIシステムを運用するか。 従来からの手法では、無理!
20年に及ぶ 仮想化コンサルティング経験から導きだされたソリューションが、LOGIN PIです。


LOGIN PI ができること

●LOGIN VSI エンジンを利用してプロアクティブにパフォーマンス測定を行い、
 ユーザエクスペリエンスを監視
 ・デスクトップ、アプリケーションのパフォーマンスが一目得瞭然
●パフォーマンスの低下予測、アラート
 ・設定した「しきい値」を超えたら、管理者に通知することも可能
●VDI の SLAレポートが簡単に作成可能
●複雑あるいは混在 VDI 構成でも対応可能

業界標準ベンチマークツール LOGIN VSI を使っているので、信頼性の高い監視結果が得られる

LOGIN PI の仕組み




管理ツールで、監視状態が一目瞭然

■パフォーマンス監視結果は、全てダッシュボードと呼ばれる管理ツールで確認
 障害予見、障害検知時にアラートを出すことも可能


■監視用VDI上でのアプリケーション実行遅延


■突発的なパフォーマンス悪化(スパイク)を検知


LOGIN PI のエコシステム

LOGIN PI の結果だけでは、どのシステムリソースが逼迫しているのかは特定できないため、システムモニタリングツールと組み合わせて導入するのがベスト

LOGIN PI で、ユーザ体感悪化の予見、早期発見
->エコシステムで原因追及



LOGIN PI は以下のシステムとのプラグインを持っています。


LOGIN PI の提供モジュールとシステム要件

■Launcher

○“PI Launcher”(負荷の起動、管理)をインストール
○Windows 7, 8, 10, 2008, 2008R2, 2012, 2012R2 で稼働
○Microsoft .Net Framework 3.5 以上
○Target machine(測定対象)に応じてRDP, ICA, WSWCクライアント等をインストール
○25セッション毎に、Launcherを設定(2vCPU/4GBメモリのリソース)

■Target Environment

○測定対象となる VDI に “PI Target Client” をインストール
 Windows 7, 8, 8.1, 10, 2008, 2008R2, 2012, 2012R2 上で稼働
○Microsoft Office(2007, 2010, 2013のいずれか)をインストール
○Microsoft .Net Framework 3.5 以上

■LOGIN PI Server

○測定結果、設定ファイル等を保存するため、Windows Server上に共有フォルダを作成
○Microsoft SQL 2008/2012 Express or Enterprise
○Microsoft .Net Framework 4.5.2 以上

■Active Directory

○LOGIN PI 用に OU、ユーザ、グループを作成