PRODUCTS GPU関連製品GPUコンピューティングボード

NVIDIA Tesla K80

TESLA K80

2014年11月17日に開幕した「Super Computing Conference 14」(SC14)にて発表されたHPC向けの数値演算アクセラレータの「TeslaK80」は現行のKeplerベースの「K40」をベースに、1ボード上に2つのGPUユニット、2496個のCUDAコアを搭載しています。

理論ピーク性能は2.9TFLOPS、メモリバンド幅は2系統の384-bitメモリインターフェースにより480GB/sec、メモリ容量は24GBを実現しています。

Tesla K80のGPUコアは28nmのKeplerシリーズGK210を搭載し、倍精度演算のピーク性能は2.9 TFLOPSを実現。Tesla K40のピーク性能1.43 TFLOPSの約2倍強となります。  

K80に搭載されているK210は従来のK40のGK110と比較するとベースクロックは劣るためGPUブースト時に875MHzと同等にまで引き上げられています。  
また、SMX数やGPUあたりのCUDAコア数は従来のK40の方に軍配が上がり、各種アプリケーションのCertificationも鑑みて、K40x2枚差しという使い分けが出来るラインナップになったと言えます。
 

型式 Tesla K80
GPU 2x Kepler GK210
最大倍精度浮動小数点性能 2.91 TFlop (GPU ブーストクロック)
1.87 TFlop (ベースクロック)
最大単精度浮動小数点性能 8.74 TFlop (GPU ブーストクロック)
5.6 TFlop (ベースクロック)
メモリバンド幅 (ECCオフ)² 毎秒 480 GB (GPU ごとに毎秒 240 GB)
メモリサイズ (GDDR5) 24 GB (GPU ごとに 12 GB)
CUDA コア 4992 (GPU ごとに 2496)