PRODUCTS トレーニング関連製品

GAIT

総合的なITスキルを可視化する世界共通のアセスメントツール

GAITとは

GAITは、ITの資格試験ではありません。総合的なITスキルを可視化する世界共通のアセスメントツールです。

実務におけるITの総合力を可視化
試験問題は、主題専門家(SME)による確かな職務分析と厳正な検証にもとづき開発されており、ITの総合力を可視化することができます。

企業や部門単位でのITスキルを評価
企業の人事や人材育成に携わる方向けの管理メニューが用意されており、会社や部門単位でのスキルアセスメントに活用することができます。

継続的なスキルアップをサポート
試験問題は常にアップデートされており、スコアリングを通した継続的な学習とスキルアップをサポートしています。

クラウド時代に必要な主要7分野を網羅

クラウド時代のITエンジニアには、特定の分野にとどまらない総合的な知識とスキルが求められています。

DB
SQL/DB管理/DB設計

OS
リテラシ/Windows/UNIX&Linux

アプリケーション
基礎/設計/実装/開発プロセス

ストレージ
リテラシ/RAID/バックアップ

セキュリティ
リテラシ/インフラストラクチャ/クラッキング/セキュリティポリシー

ネットワーク
リテラシ/デバイス/モバイル&ソーシャル

仮想化
リテラシ/サーバ&ストレージ



クラウド時代のエンジニアに必要とされるITスキルが、スコア表示で
一目瞭然!

GAITの試験結果は、スコアとレーダーチャートによって可視化されるため、得意分野・不得意分野をすぐに把握できるため、人材育成計画や、継続的な学習の指針として活用することができます。

GAIT受験について問い合わせ

GDEPソリューションズ株式会社 TEL 03-5802-7050
お問合せメール

GAIT 導入メリット

戦略的かつ効率的なITエンジニア育成施策を実現

スキルアセスメントの効率化
GAITは、ITスキルをスコアによって可視化・評価することができるため、スキルアセスメントそのものを効率的かつ継続的に実施することができます。

人事評価・採用の指標として活用
GAITのスコアを、人事評価や採用基準のひとつとして活用し、公平性を確保することで、業務やプロセスそのものを効率化することができます。

人材育成計画の立案
GAITのスコアを、基礎データとして活用し、経営戦略や事業計画に沿った適切な人材育成計画を立案・実行することができます。

意識改革・モチベーション向上
GAITのスコアを開示し、得意分野・苦手分野を明確化。キャリアアップやスキルアップの指針とすることで、社員の学習への意欲を高めます。

クラウドに必要な技術要素を網羅
7つの分野から出題されるため、クラウドコンピューティングに必要な複数分野を横断する技術要素を理解することができます。

GAITが企業に選ばれる理由

時代の変化に応じたITスキルアセスメントを正確かつ効率的に実施
ITスキルを正確に把握し、客観的かつ効率的に評価を実施
現状のITスキルの可視化と評価を、正確かつ効率的に実施できていますか?
GAITは、合否を判定する資格試験ではなく、IT全般の幅広い分野の基礎知識と経験をスコアによって可視化するアセスメントツールです。現状のITスキルレベルを、客観的かつ効率的に把握することができるため、測定や評価そのものに必要なリソースを大幅に削減することができ、継続的な運用が可能です。

スコアを人事や採用の評価基準として活用
エンジニアの人事評価や採用基準において、適切な評価を実施できていますか?
社員のモチベーションを高めつつ適切な人事評価を実施するためには、客観的かつ公平性のある指標で評価を行う必要があります。GAITのスコアを人事評価の統一指標として採用することで、公平性の確保と同時に、評価プロセスの効率化が可能です。採用においても、応募者の現状のスキルレベルを、正確に把握できるようになります。

新規事業に必要な技術分野を強化
事業計画に沿った適切な人材開発計画を実施できていますか?
GAITは、IT全般の幅広い知識と経験を分野とカテゴリごとにスコアによって可視化します。そのため、得意・不得意分野を、個人、部門、職種ごとに把握することができ、新しい事業領域において必要とされるスキルの習得を目的として、適切な人材開発計画の立案をサポートします。また、継続的にGAITを受験することで、プラン実行後の成果を、適切に評価することができます。

継続的な学習をサポート
GAITを、全社または部門で導入し、全体のスコアとサマリーを開示することで、個人がスキルアップを継続しやすい雰囲気づくりをサポートします。それぞれのエンジニアが、全体の中での現状の自分のスキルレベルを知り、得意・不得意分野を把握することで、明確な目標を設定した学習が可能となります。これにより、部門全体、会社全体のスキルレベルの底上げが実現します。

クラウドに必要な技術要素を網羅
クラウドコンピュテーディング、そして、その基本的な技術要素のひとつである仮想化などの技術分野を取り扱うためには、特定の分野や製品・サービスだけでなく、IT全般に対する幅広い知識や経験が求められます。GAITは、7つの分野、22のカテゴリを網羅しており、複数の技術分野をカバーするクラウド時代のエンジニアの育成にも最適です。

導入事例

GAITは、多くの企業で、ITエンジニアのスキルレベルの可視化や人材育成に活用されています。

GAIT受験について問い合わせ

GDEPソリューションズ株式会社 TEL 03-5802-7050
お問合せメール

よくある質問(法人)

Q. GAITの問題は誰が開発していますか?
A. GAITは、日本サード・パーティ株式会社(JTP)が制作しています。JTPは中立な立場で、高い専門性と豊富な経験に基づいて、さまざまなIT サービス(ヘルプデスク、コールセンター、IT教育、ハードウェアサポート、ソフトウェアサポート等)を提供する企業です。 さらに、いまITプロフェッショナルに必要とされる最新の技術知識を試験に反映させるために、GAITの試験問題は、SME(=主題専門家)によって開発されています。

Q. 再受験をする際に制約はありますか?
A. 2015年4月1日よりオンラインプログラムで14日間のリテイクポリシーが導入されました。同じ試験番号に申し込む場合は、前回の受験より14日間空けてからお申し込みください。

Q. スコアレポートを電子ファイルで欲しいのですが。
A. スコアレポート偽造や複製を防止するため、個人の場合は電子媒体によるスコアレポートの提供は差し控えさせていただいております。 団体受験の場合は、紙媒体・電子ファイルの何れかをご選択いただけます。

Q. 日本語以外でも受験できますか?
A. はい。日本語の他に、英語と中国語で受けることができます。

Q. 2015年4月1日からの問題改定で何が変わりましたか?
A. これまでは「132問52分」のGAIT132でしたが、「176問65分」のGAIT176が新たに追加リリースされました。 改定の背景としては、学生や未経験者を対象とするアセスメントの際、これまでの問題は、より現場力(経験・知識)を問う問題となっており、業務未経験者や学生に対して実施された際に理解度の分散が少ない(小さい)結果が見受けられました。

そこで、新たに問題を追加する事により、ICT理解度の低い方々をさらに細分化、評価する事を目的とし、より詳細なスコア分析が可能になるよう、問題の構成を見直し、これにより ICT初心者から上級者までを網羅したスキルアセスメントとなりました。

Q. 受験形式を教えてください。
A. GAITには3つの受験形式があります。まず、大きく分けて、「認証制度」と「オンラインプログラム」 の二つの区分があります。「認証制度」は試験当日プロメトリック試験会場へ出向いて受験します。会場内の試験スペースは個々に独立しており、常時試験監 督官もしくは監視カメラによってモニタリングされます。一方「オンラインプログラム」はインターネット接続環境さえあれば、いつでもどこでも手軽に試験を 受けることができます。この二つの区分では、各種規定やキャンセルポリシー、スコアレポートのフォーマット等が異なりますのでご注意ください。さらに、オ ンラインプログラムには、会社や学校単位で申し込む「団体受験」と個別に申し込む「個人受験」とがあります。あなたのニーズに合ったGAITをお探し下さい。

Q. 日本人が受ける問題と中国人が受ける問題に差はありますか。国に依存するような問題(法律や制度の問題)が含まれていますか。
A. 日本語・中国語で試験内容に差はありません。英語版も同様です。従いまして、国や地域に特有の問題は含まれておりません。

Q. 効率よくGAITのスコアを上げる場合はどのようにして準備をすればよいのですか?
A. 前回受験された際の不得意分野を中心に幅広く学習を進められるのが得点アップの近道かと存じます。

Q. パスワードポリシーはありますか?
A. はい。パスワードを設定、変更する際は、以下のパスワードポリシーに従ってください。
  • 6文字以上
  • 少なくとも英字1文字、数字1文字を使用
  • 使用できる文字は、アルファベット、数字、記号『!%&‘()._:;』 のみ
上記に加えて、他のウェブサイトで使用していない固有のパスワードを使用することを強くおすすめします。

Q. パスワードの変更はできますか?
A. 受験者が一度もログインしていない場合は、団体管理者My Page上から受験者の更新により変更することが可能です。 ログインしている場合は、受験者本人によって受験者My Pageの「パスワードをお忘れですか」よりパスワードの再発行が可能です。

その際、登録生年月日とメールアドレスで本人確認をしております。団体管理者様で特定の生年月日を設定している場合は、受験者へお知らせください。

Q. My Pageの受験者情報を更新したいのですが
A. 受験者情報を更新するには、まず団体管理者My Page検索画面の「検索対象」に「受験者」を選択して、検索結果をダウンロードしてください。次に、ダウンロードしたファイルの該当箇所を更新し、再アップロードします。このとき、ファイルアップロード画面で取り込み対象に「受験者(更新)」を選択してください。アップロード方法は、新規作成の場合と同じです。

【注意】
受験者がパスワードを更新していると、ダウンロードしたファイルで初期パスワードを指定することはできません。初期パスワードが設定できるのは、新規作成時または受験者が一度も更新していない場合に限ります。

Q. 受験者Seqはどこで確認できますか?
A. 団体管理者MY Page検索画面の「検索対象」を「受験者」に設定して、検索結果をダウンロードしてください。受験者Seqをご覧いただけます。

Q. 受験期間中に追加で受験者を申し込むことはできますか?
A. はい。受験期間終了日の22:00までであれば、何度でも申込ファイルを追加でアップロードすることができます。

Q. 申込を取り消したいのですが。
A. 受験期間が開始する前日までは団体管理者My Pageにアップロードした申込を取り消す事が可能です。受験期間開始以降はいったん登録した申込は一切取り消しができませんのでご了承ください。

Q. ダウンロードしたファイルにスコアが表示されていません。
A. 団体管理者My Page検索画面の「検索対象」に「受験者」を選択していませんか。「受験者」を指定した場合、ダウンロードファイルにスコアは表示されません。スコアを表示させるには、「検索対象」に「申込」を指定した検索結果をダウンロードしてください。

Q. 支払はどのようにすればいいですか?
A. 注文書に記載の金額を受験期間終了日の月末日締めにてご請求させていただきます。

Q. 受験者にリマインダメールを出したいのですが。
A. 受験者に対して、申込確定時、受験期間開始3日前、受験期間終了3日前のタイミングで、事務局よりリマインダメールが自動送信されます。この機能は、団体管理者My Page上でOFFにすることも可能です。My Pageの操作方法はこちらをご覧ください。


よくある質問(受験者)

Q. パスワードポリシーはありますか? A. はい。パスワードを設定、変更する際は、以下のパスワードポリシーに従ってください。
  • 6文字以上
  • 少なくとも英字1文字、数字1文字を使用
  • 使用できる文字は、アルファベット、数字、記号『!%&‘()._:;』 のみ
上記に加えて、他のウェブサイトで使用していない固有のパスワードを使用することを強くおすすめします。

Q. パスワードを忘れてしまったら?
A. 受験者My Pageの「パスワードをお忘れですか」よりパスワードの再発行が可能です。ご登録しているメールアドレスと生年月日を入力ください。登録情報と照合し登録メールアドレス宛にパスワード再設定用のURLが届きますので、30分以内に本文中のURLをクリックし新しいパスワードを設定してください。

Q. 受験期間を変更したいのですが。
A. 決済手続き完了後の受験開始日の変更や受験期間の延長は一切受け付けられませんのでご了承ください。

Q. 支払方法は何がありますか?
A. お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込、コンビニエンスストア払い等がございますが、販売する代理店によって異なりますので、お申し込みの際にご確認下さい。

Q. 申込をキャンセルしたいのですが。
A. 決済手続き完了後のキャンセル、返金は一切受け付けられませんのでご了承ください。

Q. 試験中にトラブルが起こったらどうなりますか?
A. 復旧後、試験の続きから再開できます。もし代替機がありましたら、トラブルの際に代替機にログインしていただければ試験の続きから再開することも可能です。

ただし、試験開始時より試験時間のカウントダウンは進みます。試験時間が終了した場合は試験を続けることができませんのでご注意ください。

Q. 試験結果はすぐに見れますか?
A. 試験終了後、画面上で全体のスコアや、カテゴリ毎の得点率などの試験結果を確認できます。