322
首都大学東京 大学院システムデザイン研究科 准教授 大久保寛先生
マルチGPUの先駆者が語るパーソナルスパコンの未来

首都大学東京のシステムデザイン研究科で波動情報工学の研究に従事する大久保寛准教授。早い段階 からGPUコンピューティングに着目し、波動伝搬シミュレーションの高速化、ビッグデータ処理、リアルタイム可視化等、多岐に わたり応用。今回は最前線で活躍する立場から「パーソナルスーパーコンピューティングの未来」について語ってもらった。

323
東海大学 工学部 航空宇宙学科 講師 福田紘大先生
GPUコンピューティングが広げるモノづくりと人づくりの可能性

東海大学工学部の航空宇宙学科で教鞭をとる福田絋大氏。現在、福田先生が手がけているのは「メッ シュフリー型高精度乱流解析手法の開発」というもの。この手法により、小規模な計算機でも高精度な乱流解析が可能になると いう。また、流体解析はGPUコンピューティングとの相性がよく、組み合わせることで中小企業の設計・開発現場でも解析が行え るようになると福田先生は期待している。その可能性を語ってもらった。。

324
仙台高等専門学校 知能エレクトロニクス工学科 准教授 園田潤先生
GPUによる高速化が生むさまざまな恩恵-NVIDIA TesalとPGIコンパイラがも たらす効果

仙台高等専門学校の知能エレクトロニクス工学科で教鞭をとる園田潤准教授は、電磁波工学を専門と し、とりわけFDTD法における「より低コストかつ高速な計算方法」に積極的に取り組んでいる。そこで、GPUとPGIコンパイラの ディレクティブ手法による高速化に着目。既存コードを活かせるディレクティブ手法の魅力について語ってもらった。

327
首都大学東京 理工学研究科 電気電子工学専攻 准教授 鈴木敬久先生
ライブラリの利用で超高速化、適材適所のGPU演算方法とは

首都大学東京で「生体電磁環境工学」を専門とする鈴木敬久准教授は次世代の通信手段として期待さ れる「ミリ波」の安全性の研究に従事する。そのミリ波の周波数帯は非常に幅広いことから、3ポイント程度の周波数で実験を実 施し、その間の周波数を補間するシミュレーションにTesla、及び、G-DEPが提供する「AMGソルバ」を適用して高速化を図った。 GPU、CUDA、ライブラリの現在、そして可能性を語ってもらった。

325
沼津工業高等専門学校 電子制御工学科 講師 出川智啓先生
初心者必見!「PGI CUDA Fortran」の活用法

沼津工業高等専門学校の電子制御工学科で未来のエンジニア育成に励む出川智啓氏。少ない消費電力 で高速に計算できる「環境親和性の高い計算法」の確立に取り組まれる一方、初心者向けに「PGI CUDA FortranによるCPUコード 移植」について講演を行うなど、GPUコンピューティングの普及にも精力的に取り組まれている。エンジニアを育てる立場として 、人材育成も踏まえた「GPUコンピューティングの未来像」を聞いた。

330
岐阜大学 工学部 数理デザイン工学科 准教授 永井学志先生
産業に役立つGPU高速化CAEへのチャレンジ

岐阜大学工学部数理デザイン工学科で教鞭をとる永井学志准教授。CAE分野を専門とし、おもに固体材 料、機能性材料を中心とした計算力学/数値解析手法に取り組んでいる。中でも有限要素法を得意とされ、これにGPUコンピュー ティングを応用。シミュレーションの高精度化や高速化に向けて多方面からアプローチを試みている。研究現場からの率直な意 見を話していただいた。

339
株式会社構造計画研究所 SBD営業部 技術流体チーム 山田剛史様
GPUとCAEの相乗効果-流体解析ソフトのセールス兼ユーザーが語る

構造計画研究所は常に時代の先端をいくコンピューターを活用して、付加価値の高いエンジニアリン グサービスを提供している総合エンジニアリング企業だ。今回お話を伺ったのは、SBD営業部 技術室流体チーム マネージャーで ある山田剛史氏。GPUコンピューティングとCAEの相乗効果について語ってもらった。

340
千葉大学 フロンティアメディカル工学研究開発センター 准教授 齊藤一幸先 生
妊婦と胎児の安全を守る電磁波のGPUコンピューティング

千葉大学の准教授でフロンティアメディカル工学研究開発センターに所属する齊藤一幸博士。現在、 メインで手掛けている研究は「新しい無線システムの使用形態で生じる電波への妊娠女性・胎児の曝露評価モデルの開発」。こ の研究にGPUコンピューティングとFDTD法を採用した汎用解析ソフトウェア「XFdtd」用いている。その印象や手応えなどを語っ てもらった。

341
新日鐵住金 設備・保全技術センター 機械技術部 主幹研究員 山崎伯公様
鉄鋼産業の技術革新を牽引するGPUコンピューティング

新日鐵住金は鉄鋼業界における国内最大手であり、世界市場においても業界第2位の規模となった一大 鉄鋼メーカーだ。今回お話を伺ったのは、設備・保全技術センター機械技術部 主幹研究員(機械技術研究Gr総括)の山崎伯公氏。 粒子法を用いた流体解析ソフトウェア「Particleworks」とGPUコンピューティングの組み合わせで技術改善に取り組まれている 。その詳細を語ってもらった。

342
群馬工業高等専門学校 機械工学科 助教 矢口久雄先生
分子動力学研究に衝撃をもたらしたGPUコンピューティング

国立高等専門学校機構・群馬工業高等専門学校で機械工学科の助教を務める矢口久雄氏が大きな研究 テーマとして掲げるのが「分子動力学シミュレーションによるナノスケール熱流体解析」。この研究に、G-DEPが提供する、イン ハウスプログラムをCUDA化する「ポーティングサービス」を利用し、高速化を実現した。今回はその背景から成功までを振返っ ていただいた。

348
日本ゼオン株式会社 総合開発センター 基盤技術研究所 博士(理学)本田隆 様
GPUとオープンソースのソフトウェアが導く日本の「ものづくり」

日本ゼオンは、日本で初めて塩化ビニル樹脂の生産を開始したほか、合成ゴムの製造も日本の民間企 業として初めて開始するなど、創業当時から先進的でスピーディな企業経営を展開している。今回は、ソフト開発やGPUの導入に 携わった本田氏に、GPUコンピューティングの恩恵や今後の展望などについて語ってもらった。

347
同志社大学 理工学部 情報システムデザイン学科 教授 土屋隆生先生
32基のGPUクラスタが切り開く音響シミュレーションの未来

同志社大学理工学部情報システムデザイン学科の土屋隆生教授は、計算音響学や超音波工学を専門と している。研究には高速演算用のNVIDIA Tesla M2075を1台に4基搭載したGPUコンピューティングサーバーを計8台導入し、活用 している。その詳細を語ってもらった。

373
ファンクションベイ株式会社 代表取締役社長 鈴木隆様
2つの解析ソフトウェアの連携をサポートするGPUコンピューティング

ファンクションベイは構造解析ソフトウェア「RecurDyn」の販売・保守などに携わる企業である。同 社がいま推し進めているのが構造と流体の連成解析だ。この連成解析を実現させるうえで、RecurDynと連携するのがプロメテッ クソフトウェアの流体解析ソフトウェア「Particleworks」。この連携にGPUコンピューティングをどのように活用しているのか 、ファンクションベイ代表取締役社長 鈴木隆様に語ってもらった。

374
上智大学大学院 地球環境研究科 環境経済学研究室 教授 鷲田豊明先生
経済学にGPUコンピューティングを応用 文理融合の柔軟な頭脳で”新しい利 用法”を模索する

上智大学大学院の鷲田教授がGPUコンピューティングを用いて挑もうとするのは「並列現象の経済学」 というものである。経済学は数学と密接にかかわる学問ではあるものの、それらの確立された経済学の数値計算とは明確に異な っている。いったいどのようなものであるのか。今回はその背景を踏まえ、詳細を語ってもらった。

375
住友重機械工業株式会社 技術研究所 物理応用グループ 宮下大様
プラズマシミュレーションを実用化したGPUライブラリ

住友重機械工業は、プラスチックの射出成形機をはじめ、幅広い分野の製品を取り扱う総合重機械企 業であり、国内はもちろんグローバルに事業を展開している。今回お話を伺ったのは、同社の技術研究所 物理応用グループの宮 下大氏。宮下氏は事実上不可能と言われていた難題のプラズマのモデリングとシミュレーションに対して、G-DEPが提供している 数値計算ライブラリとGPUコンピューティングを活用し、実用的なシミュレーションを完成させた。その背景から成功までを振返 っていただいた。